体験予約 LINE予約

blog
ブログ

短期間での急激なダイエットをおすすめしない4つの理由

こんにちは!

姫路市大津区のダイエット専門パーソナルトレーニングジム「CALORIE  TRADE  JAPAN」

代表トレーナーの川辺太一郎です^^

短期間での急激なダイエットをおすすめしない4つの理由

「痩せたい!」と思っている方の中には、早く体重を落としたいがあまりに過度な食事制限やトレーニングを行なってしまう方もいます。

しかし、短期間で急激に体重を落とそうとすると様々なデメリットがあるのも事実です。

今回は、短期間でのダイエットをおすすめしない4つの理由についてご紹介していきたいと思います。

 

短期間でのダイエットが危険なワケとは?

それでは早速、短期間でのダイエットが危険な理由についてご紹介していきます。

1:健康状態が悪化する

短期間で体重を落とすために、厳しい食事制限をするという方も少なくありません。

しかし、過度な食事制限は健康状態を著しく損なってしまう危険性があるのでおすすめ出来ません。

例えば、食事制限として真っ先に思い浮かぶ食材がご飯やパンなどの炭水化物ですよね。炭水化物はカロリーが高い上に糖質も多いので、ダイエットをする上では無視出来ない存在です。逆に言えば、炭水化物を制限すれば摂取カロリーを大きく減らすことが出来るので、短期間でダイエット効果が得られる可能性があります。

しかし、炭水化物が不足してしまうと

・疲れを感じやすくなる

・目眩

・吐き気

・便秘

・腎臓などの臓器に負担がかかる

などなど様々なデメリットがあります。

その他、激しい食事制限は健康の維持に必要なビタミンやミネラルも不足してしまうことになりますし、水分不足による脱水症状に陥ってしまう危険性もあります。

食事制限はダイエットの基本です。しかし、急な食事制限は体調を悪化させてしまい、最悪の場合ダイエットどころではなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

2:ケガや事故の元になる

続いては過度な運動についてです。

ダイエットをする上では食事制限だけではなく、運動も重要になってきます。運動をして筋肉量を増やすことで、生きているだけで消費するカロリーである基礎代謝を高め、痩せやすい体を作ることが出来ます。

ただし、だからと言っていきなりハードなトレーニングをしようとすると筋肉や骨を痛めてしまう可能性があります。

また、毎日のハードなトレーニングで疲れが取れず、注意力散漫になってしまってケガをしてしまったり、事故を起こしてしまうという危険性もあります。

トレーニングはダイエットにおいて非常に重要な要素ではありますが、無理なトレーニングによってケガや事故を起こしてしまっては意味がありません。

トレーニングをする際は、まずは自分が普通にこなせる程度の内容から始め、そこから徐々に段階を踏んで負荷を高めていくようにしましょう。

3:精神が不安定になる

精神が不安定になるというのも急激なダイエットのデメリットです。

急激なダイエットというのは前述の通り厳しい食事制限とセットになっていることが多いです。

そうなると体は栄養不足に陥ってしまい、脳にも十分に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

その結果

・頭痛

・耳鳴り

・無気力

・イライラしやすくなる

・不眠症

などの症状が現れ、精神が不安定になってしまいます。

また、辛い食事制限や運動を続けなくてはならないというストレスも大きな問題です。

精神が不安定になってしまうと、前述のようにケガをしたり事故を起こしてしまう可能性もありますし、人間関係でのトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。一時のダイエットが後々まで残る問題の原因になってしまう可能性もあるので、急激なダイエットは控えるようにしましょう。

4:挫折しやすい・リバウンドしやすい

最後にご紹介する急激なダイエットをおすすめしない理由は「挫折しやすい」「リバウンドしやすい」です。

辛い食事制限や運動を続けるというのは先にもご紹介した通り大きなストレスを伴いますので、そもそも長続きしません。そのため途中で挫折してしまい、ダイエットをやめてしまう可能性もあります。

また、体重が急激に落ちると体は栄養を満足に摂取出来ない飢餓状態にあると判断し、体の代謝機能を制限してエネルギーの消費を抑えようとします。そのため、ある時期から急に体重が減りにくくなってしまうというのも挫折しやすい要因の1つです。

その他、ダイエット明けに厳しい食事制限の反動で食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまうというのも問題点です。

 

どれくらいのペースでダイエットするのがいのか?

「では、一体どのくらいのペースでダイエットすればいいの?」という点が気になる方も多いと思います。次はその点についてご紹介していきます。

結論を言うと、ダイエットのペースは「月に減らす体重は現在の体重の5%以内に抑える」というのがいいでしょう。

例えば、体重80kgの人なら1ヶ月に4kgまでと言った具合です。

このペースを意識してダイエットしていけば、栄養不足になったり飢餓状態で痩せにくくなることなく、安定してダイエットしていくことが出来ます。

 

最後に

以上、”短期間での急激なダイエットをおすすめしない4つの理由”でした!

痩せたい人の中には、一刻も早く、少しでも多く体重を減らしたいと焦ってしまう方も多いと思います。

しかし、ダイエットというのは一朝一夕で成功するものではなく、継続して少しずつ着実に体重を減らしていくのが重要です。そのため、無理のない範囲で食事制限や運動を行うようにしましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

パーソナルトレーナー

川辺 太一郎
かわべたいちろう